手縫い不可状は禁煙が必要、ドンキホーテのグッズ

長くタバコを吸ってきた人は、身体がニコチン依存の状態になっていますから、ニコチンが切れると途端に落ち着かなくなってきますが、それがひどくなりますと、気分的にイライラするぐらいではなく、日々の生活や仕事もできなくなってきてしまいます。例えば手縫いです。手縫いの仕事は細かい手作業と集中力の両方を要しますが、ひどい場合はニコチンが切れると手縫いのような作業はまったくできなくなってしまいます。このような状態になったら即座に禁煙してしまわなくてはいけません。禁煙しようという人がまず考えるのが禁煙グッズを自分で買って来て使うことですが、例えばドンキホーテでは電子タバコが人気商品です。ドンキホーテで売っている電子タバコは実際のタバコ葉が使われておらずニコチンが入っていないタイプです。これは、ドンキホーテは中高生など未成年のお客さんも多いためもあると思われます。その代わりにビタミンや香料が入っています。ニコチンの他タールなども入っていませんので、本物のタバコの代わりにこれを吸えば健康によい、というわけですが、これでは、例えばチャンピックスという薬のようにニコチンを欲しなくなる作用のようなものは何も無いままですので、禁煙を成し遂げることにはつながりません。こういうグッズでは禁煙はできなく、やはりきちんと医療機関を訪れて病気として治療を受ける必要があります。禁煙外来でよく使われるチャンピックスは、ニコチンと同じような働きをする薬で、これを飲みますと脳のニコチン受容体と結び付いてドーパミンを出し、満足感を得られます。チャンピックスを飲んでおくことでもう脳はニコチンを欲しなくなりタバコを吸いたくもならなくなる、というわけです。医療機関でチャンピックスで禁煙することが大切です。

禁煙してイライラし続けるくらいなら吸い続ける!と高らかに宣言する方もいますが、それによる健康被害は理解しているのでしょうか?私は将来に楽しい時間を過ごすため、禁煙を達成しました。当サイトでは禁煙によるメリットや方法を解説したいと思います。

ページの先頭へ戻る