禁煙で体臭減、ノルアドレナリンのバランスも良くなる

禁煙をしないことで体臭にまで影響が出てしまった男性本来、脳内の伝達物質はアセチルコリンで、それがドーパミン、ノルアドレナリン、セラトニンを放出させています。放出されたこの3つの物質は通常バランスよく保たれています。ところがタバコを吸うと煙に含まれているニコチンが脳まで達し、アセチルコリンの代わりに受容体に結び付いてしまいます。そうすると、体内で「アセチルコリンを作らなくてよい」と判断され、ニコチンが仕切るようになってしまいますが、もともとバランスがよいはずのドーパミンやノルアドレナリンが働かなくなってしまいます。例えばノルアドレナリンは集中力や積極性を司るものですが、それがうまくいかなくなってしまいます。さらに、ニコチンが目いっぱい物質を放出しますので、タバコを吸うのが止まりますと離脱症状が起き、イライラし始めてまたタバコが吸いたくなります。その繰り返しで、タバコをやめることができず依存状態になってしまうわけです。また、タバコはこのような脳内のことだけではなく、身体全体にも害を及ぼします。例えば体臭です。喫煙者は身体が「タバコ臭い」のですが、それ以外にも独特なくさい体臭がします。部位で言えばタバコを吸うと毛髪が汚れ、毛髪から臭いがするのです。このような状態では自分が不健康なだけではなく、周りの他人にも迷惑がかかりますので、一日も早く禁煙すべきです。禁煙の薬として用いられるチャンピックスも上述のようにニコチンと同じく脳の受容体までいきドーパミンを出すのですが、ニコチンと異なるところは出るドーパミンが少量という点です。これなら離脱症状が軽くて済みますから、これを飲んでいるうちにニコチンを必要としなくなりまして、禁煙できるというわけです。禁煙が成功すれば体臭もなくなりますし、ノルアドレナリンなどのバランスも回復します。早く禁煙してしまうべきです。

禁煙してイライラし続けるくらいなら吸い続ける!と高らかに宣言する方もいますが、それによる健康被害は理解しているのでしょうか?私は将来に楽しい時間を過ごすため、禁煙を達成しました。当サイトでは禁煙によるメリットや方法を解説したいと思います。

ページの先頭へ戻る