• 禁煙で体臭減、ノルアドレナリンのバランスも良くなる

    2016年10月1日

    本来、脳内の伝達物質はアセチルコリンで、それがドーパミン、ノルアドレナリン、セラトニンを放出させています。放出されたこの3つの物質は通常バランスよく保たれています。ところがタバコを吸うと煙に含まれているニコチンが脳まで達し、アセチルコリンの代わりに受容体に結び付いてしまいます。そうすると、体内で「アセチルコリンを作らなくてよい」と判断され、ニコチンが仕切るようになってしまいますが、もともとバランス

    記事の続きを読む